• ホーム
  • 投資をするにあたっての期間

投資をするにあたっての期間

笑顔で話し合っているスーツ姿の男女

投資を行う時の株等の保有期間についてはそれぞれの投資家によって違いますし、投資計画によっても変わってくる事になりますが、それぞれに得意な手法があり、短期、中期、長期といったトレード手法を駆使して行う事になります。
大きな資産を持っている方は5年以上は保有する長期トレードを行う方が多く、毎日変動する株価等には翻弄されずに企業価値を見抜いて割安の時に保有して、成長を促して実った時に利益確定させる事になり、何十年も保有して企業を支えている投資家も多いものが長期トレードです。
ネット証券の普及で株式取引の初心者に多いものがデイトレードであり、これは超短期トレードであり、当日決済から数週以内の短期トレードの中に区分されますが、数秒単位の取引を行う方もデイトレに区分されています。
短期の値動きで判断していく為に、予想外の動きに翻弄されるリスクもありますが、短期間で利益を積み重ねる事が出来る利点があり、チャートを常にチェックしておく必要がありますから企業勤めの方が行うには不利な手法であり、手数料を沢山とられる傾向にありますから、手数料の安い業者を選ぶと良いでしょう。
中期投資は配当金や優待制度の恩恵を受けながらも長期程に保有しない方法であり、短期トレードと比べてリスクも手数料も小さくて済む方法になります。
資金の回転率を高めて行う場合は短期で、相場状況次第で利益確定や損切りを行い臨機応変に立ち回るのが中期トレード、余裕をもって投資を行うのが長期トレードとそれぞれの利点を活かして取引すれば、どの手法でも大きく利益を積み重ねる事が出来る可能性があり、リスク管理が出来ない場合はどれを選んでも損失を抱える可能性があります。