• ホーム
  • 悪徳な投資顧問会社の見分け方

悪徳な投資顧問会社の見分け方

帯封の付いた一万円札の山

投資に関する企業の価値基準の分析や投資判断のアドバイスをしてくれる投資顧問業者があり、これは初心者にとっては右も左も解らない市場の中で、様々なアドバイスをくれたり、投信等で一任して運用して利益を稼いでもらったりする、先生的な存在であり、頼れる顧問を見つける事が出来ると、投資に関する知識を身に付ける土台になったり、利益を着実に積み重ねる事も可能なものです。
業務は主に助言業務と一任業務であり、助言は名前の通り、どこの企業の株価がどういう価値で割安か割高か等を分析結果を元に知らせてくれたり、取引タイミングを知らせてくれるもので、一任業務は運用を任せてしまうものです。
いずれにしても運用結果は元本保証もない自己責任であり、顧問の指示通りで全てが上手くいくというわけでは無いですし、自身の中にも投資の価値基準を作る必要もあります。
中には中小業者の中には悪徳顧問も存在しており、これを見抜く方法としては、そもそも営業で届出も出していない所もあり、今の時代ならネット検索すれば悪徳業者はすぐに解ります。
誇大広告を出している業者も危険であり、やたらと利益を積み重ねた自慢等が羅列されていたり、この業者を選んで人生が変わったといった成功体験を前に押し出しているものは、殆どが悪徳業者と判断出来ます。
正規の実績のある顧問はサイト作りや広告もシンプルなものも多く、評判をチェックしても賛否はあるものの、あまりにも酷い評判等は記載されていないものですから、悪徳業者を選択しないように注意して取引を行うようにしましょう。
投資顧問を利用した体験談や口コミサイト等の情報は収集して、判断基準の指標として使う事は望ましいです。